名古屋市名東区照が丘 内科・外科 照が丘クリニック LAK療法について

ホームボタン クリニック紹介ボタン おすすめリンクボタン

自家がんワクチンとは

がん免疫療法の一つです。手術で取り出された患者様ご自身のがん組織から、がんワクチンを作製し、がんと闘う体内のリンパ球を活性化する治療法です。自家がんワクチンの調剤には、患者様のがん組織が必要です。手術で取り出され、ホルマリン漬けにされたがん組織、または、パラフィン(ろうそくの蝋のことです)に埋め込まれパラフィン包埋ブロックに加工されたがん組織が、約2-3グラムあれば(大人の小指の1/2程度の大きさです)、原料として使用できます。手術を受けた病院に問い合わせれば、患者様のがん組織が残っているかどうかがわかります。がん組織の保存を確認された上で、自院にご要望ご連絡を頂ければ幸いです。

特徴は

手術後の再発防止、転移予防、体内に残存しているがんの治療が期待できます。もし、放射線療法と併用できる状態の方であれば、併用によりなお一層の治療効果が期待できます。

標準的な治療法や、費用は

(1)事前のテストの注射1回と判定
(2)ワクチン注射(通常は隔週ごとに計3回)
(3)事後のテストの注射1回と判定
これで1クールです。
(3)は省略することもあります。
通常は、1クールの治療で終了します。(長くても6週間です。)延々と繰り返す必要はありません。1クールで150万円(税別)です。自由診療(患者様の全額自己負担)となっております。詳細は当院にお問い合わせください。なお、当院では正当な理由において、途中で接種を断念した場合には、ワクチン作成費用を差し引いてご返金させて頂いております。

副作用は

抗がん剤のように、白血球が減少したり髪が抜ける等の強い副作用はありません。自家がんワクチンを注射したところの一時的な腫れや1〜2日程度の発熱はありますが、いずれも自然に治っていく範囲で、大きな問題となるものは現在までのところ知られておりません。副作用等およびその他、ご不明ご心配な点に関しましては当院までお問い合わせ下さい。

自家ガンワクチンに関して

当院は、自家ガンワクチンを提供するセルメディシン株式会社提携医療機関です。また当院には、クリーンベンチ等自家ガンワクチン作製に必要な機器を取りそろえております。

当院へのお電話でお問い合わせの方へお願い

〒465-0042名古屋市名東区照が丘61番地 照が丘クリニックTEL052-772-5131
 お問い合わせ、急ぎ治療希望の方は お電話(052-772-5131)くださいませ。
外来診療中であっても、状況詳細を確認するため、院長が直接電話に応え対応いたします。平日外来診療の時間帯であっても、どうぞ遠慮なさらず、お問い合わせ下さい。


上に戻る

名古屋市名東区照が丘61 内科 外科 小児科 循環器科 消化器科 肛門科 人間ドック 照が丘クリニック院長 舩橋克明 電話 052-772-5131
診療時間 午前9時から12時 午後4時30分から午後7時 休診日 水曜午後、土曜午後、日曜、祝日  Terugaoka Clinic All right reserved. 無断使用を禁止します。